山三下総屋

元気になる!美しくなる! 自然の恵みの落花生

沿革

1910年 明治43年
東葛飾郡船橋町に、初代 山口千代松が落花生の加工販売卸売業を始める。
1919年 大正8年
二代目 山口四郎が、印旛郡酒々井町に下総屋商店を設立し、千葉県産落花生の加工工場を新設。
全国青果市場への卸売業を開始。
1921年 大正10年
中国山東省青島から中国産さや付落花生の直輸入を開始。
1950年 昭和25年
千葉市新田町に、三代目 山口浩司が山口食品株式会社を設立し、氷菓とバターピーナッツ工場を新設。
鉄道弘済会駅売店へ製品を納入。
1960年 昭和35年
千葉弘食株式会社を設立し、山口食品株式会社の業務一切を引き受ける。
1966年 昭和41年
印旛郡酒々井町に落花生加工工場を新設し、千葉弘食株式会社の酒々井工場として始動。
1974年 昭和49年
千葉市新田町の工場は閉鎖。本社は営業事務所のみとなる。
1986年 昭和61年
中国山東省青島の公営公司からの要請を受け、補償貿易を締結し、落花生焙煎工場の設立の指導に当たる。
1991年 平成3年
四代目 山口翼が代表取締役となり、現在に至る。
1998年 平成10年
酒々井工場を、酒々井中央町より、現在の地、墨に移転現在に至る。